ウインドサーフィン・サーフィン・SUP スクール&ショップのRIPPER<リッパー>は、マリンスポーツにチャレンジする好奇心を応援します。

RRD エアーSUP試乗艇入荷!!!

近年非常に人気が出てきて盛り上がっているSUP(Stand Up Paddle)ではありますが、問題がひとつ。それはボードが非常に大きい為移動の際に軽自動車や乗用車では積み込みが大変だったり、車種によっては積載不可能と言う事が考えられ、断念していた方もいるのではないでしょうか?
しかし、ここに来て登場したのが空気で膨らまして楽しめるエアーサップ。
しかも、空気を抜けば軽自動車にも楽々積載可能で付属のリュックに入れてしまえば「電車でSUP」と言うのも全然考えられる。

それでは詳細を記載していきます。まずは今回仕入れた試乗艇2本。
RRD AIR Convertible 9’8″のパッケージ内容


付属の収納バック(リュック)

ボードと同じ素材の入ったリペアキット

エアーポンプ

勿論、規定量まで空気を入れられるようにとゲージ付き

サイドフィンはボードに装着されている為センターフィンのみ付属。

次に
RRD AIR wave 9.0 のパッケージ内容。

同じカラーと素材のリペアキット

収納袋(リュック)

ポンプ

こちらも同じくゲージ付き

ここからは詳細解説
テイル(後ろ)部分にあるエアバルブのふたを開ける。

中を見るとバルブが直ぐにある。空気を入れる時にはバルブをひねって上に出ている状態にする。

逆に空気を抜く際にはバルブをロックするまで押しねじる。すると数秒で空気が抜け二つ折りに出来る状態までになる。

空気を入れる際には中にある横の棒に

ホース先端を引っ掛ける感じでひねりながら押し入れると

装着完了!

後はポンプの針が15(真上、90度の角度)の所に来るまでポンプアップして

準備完了。

ここまで個人差はありますが、5分ほど。
今回の2本
RRD AIR WAVE 9.0
RRD AIR CONVERTIBLE 9.8 の試乗艇は共にジョイントベースが埋め込まれており

ウィンドサーフィンのセイルを付けられるようになっている。

初心者から楽しめるAIR CONVERTIBLE 9.8 ・・・ ¥168,000

中級者の方のセカンドボードにおススメの AIR WAVE 9.0 ・・・ ¥141,750

まずは、試乗してみてください。スネサイズやヒザサイズ位でのテイクオフはハードボードに比べて非常に早く、更なる楽しみが増える事でしょう。

*エアーSUPは通常のハードボードに比べて浮力がありオフショアの際に
 は沖に流れやすいという特徴がありますので、その際には十分気を付け
 るようにして下さい。
*特に初心者は救命道具を着て楽しむように心がけましょう。

  • カテゴリー:SUP
  • 投稿日時:2013/05/01
ページの先頭へ