ウインドサーフィン・サーフィン・SUP スクール&ショップのRIPPER<リッパー>は、マリンスポーツにチャレンジする好奇心を応援します。

台湾ワクワク Surf & SUPトリップ DAY3 

3日目

少し疲れが出て来たのか3日目は5時半にピックアップしてもらいいつもの河口に向かう。すでにいつもの肉まん屋は仕込みを始めている.

今日は風が弱くなりコンディションがいい情報をいれたサーフぁーが次々と集まって来た.どう見ても確実に多い。しかし、コンディションは良い。これまた頭近くの波が割れている.皆意気揚々とセットアップしサーフィン組の修司と潤君は即行で海に入って行った.




SUP組も同じく次々と準備を終わらせ海にいく.ムラアツはビギナーのため無理だと判断しロジャーにビギナーポイントの漁港に俺と一緒に向かい2時間たっぷりと楽しんでいた.
 

しかし、ここはあまりにサイズが小さくショートしかもって来ていない俺には厳しかったので俺はロジャーとトークタイムに。自分的にはこの時間も非常に楽しく有意義な時間だった.ムラアツも小さいながらもローカルのひとにGoGo〜と言われながら数本ロングライドをメイクし楽しんでいた模様。初心者のムラアツはこの後岸までの数10mのsuperロングライドをメイクし。こんなに長く乗っているムラアツを見た事が無かった.
まさに、台湾マジックだ.


 その後、やっとムラアツも上がって来て他の皆をピックアップに向かう途中BayBayちゃんとすれ違い皆待ってるよ〜といわれ急いでピックアップに向かう。その後宿に戻り朝ご飯を食べ12時にピックアップしてもらい昼ご飯には台湾ヌードルをいただく。
この水餃子がsuperうまかった。

ブイヨン系のスープのヌードル。

ゴマだれのスープなしヌードルでこれも旨かった。
今イチ人気のなかった練り物、腸詰め系の一皿。

ちょうど昼時と言う事もあり肉体労働者の方や地元の方々がぞろぞろ入り始めていた時間だった.その後、再びサーフィンにいつもの河口に皆をおろし漁港の初心者ポイントにムラアツとロジャーとの3人で波乗りを楽しんだ。というより、ムラアツはプカプカ浮いているだけでも楽しいね〜、気持ちいいね〜とご満悦。


ロジャーは普段使っているサイズが9’6”のSUPで8’6”では小さかったようでまじめに練習している姿が何ともけなげでお前はどこまで良い奴なんだと本当に感心してしまった.

 
その後、皆をピックアップに向かいいつものようにトニーのクラブハウスでくつろぎ今晩の予定をトニーと打ち合わせ。今晩こそ餃子、小龍包、チャーハンとsuper期待をさせられる料理名を出してくれクラブハウスを後にした。宿から約40分ほどの台東の街に一際目立つ明るいレストラン。これは今回のトリップで見た事の無い明るさと奇麗さのレストラン。先ほどの打ち合わせといい期待ししてしまう.そして出て来たのがこれらの料理。

さすがに期待を裏切らない旨さ.これが本場なのかはわからないが日本で食べるそれとはひと味違う気がする。あぁ〜旨い。本当に旨い。チャーハン野菜のせたり、チャーハンに肉いためのせたり本当にいかす味だ。なぜかどこでもそうだが、器がスープカップしかない。だからあまり食べ過ぎると言う事が無いから良いのか?細かく調整が可能と言う事を発見した.

とにかく食い尽くした後は近くの夜市でブラブラしたり


マッサージに行ったりのんびりし夜の11時に宿の戻って来て静かに夜を迎えた.さすがに今日は皆の眠りが早い。

ページの先頭へ