ウインドサーフィン・サーフィン・SUP スクール&ショップのRIPPER<リッパー>は、マリンスポーツにチャレンジする好奇心を応援します。

NEILPRYDE Luciffer ドライスーツ



最近はやりのダボダボ系というか、スノーボードウェアーチックのドライスーツです。中は速乾性のインナースーツや寒ければ薄手のフリースなんかを着れば十分温かく、運動性も兼ね備えられた完全防水のドライスーツです。手首足首はゴム製で

自分の太さに合わせてカットします。

勿論、上からかぶせればベルクロでしっかり抑えられるので余分なばたつきや水の溜まりもありません。


フード部分は

ファスナーで装着、取り外しが可能になっている。首裏部分は穴がありており


フード部分に入った水も容易に抜ける。また、前部の部分にも水抜け穴がありこれまた容易に水抜きが可能である。更に、男性が小便をする際の窓が付いており、
グローブ等をはめたままでも容易に開ける事が出来るように取っ手も大きめの作りになっている。これはどの部分にも使われており非常に助かる取っ手ですね。
ウィンドサーフィンにはハーネスフックを出す穴も2か所付いている。
開口部のファスナーにも勿論大きめの取っ手が付いており入口部分には小銭やカギなどの小物を入れるポケットが付いている。

(ポケット)
中の縫い目には全て防水シールが貼られている。
これだけの装備で重量は2キロ。非常に軽いドライスーツです。

更に、このドライスーツには専用のバックが付いている。
これだけの装備で、ここ最近10万越えするウェットスーツが当たり前ではありますが、
税込¥89,250とお求めやすい金額でもあります。
ウェーブをする方には泳ぎづらいとか、巻かれた際にフィンなどで破れた時に水が入って危ない。等の心配点がある事は言っておきたいので注意が必要です。

ページの先頭へ