ウインドサーフィン・サーフィン・SUP スクール&ショップのRIPPER<リッパー>は、マリンスポーツにチャレンジする好奇心を応援します。

2012 TABOU SUP 9’2″


まずはデッキ。ノーズ、テイル共に抑えられぎみのロッカーという印象。
また、デッキ部分はそれほどラウンドしていないフラットデッキに近いので安定して乗れそうなイメージを受けた。ボトムは

Vコンケーブが入っておりレイルtoレイルをしやすくされている。と同時にこのカラーリングにやられた。緑好きの店長はたまらない。
ちなみにこの9’2″のスペックは

150Lというボリュームも嬉しいところですね。
テイルはスワローテイルでこれはウィンドのウェーブラインがそれもスワローになっている所から来るデザインなのだろうがまだ正直分からない。

勿論、これでハードに攻める方に嬉しいテイルキック付きのデッキパットも、

しっかりと付いている。
このボードはウィンドも出来る仕様になっておりジョイントボックスは前後の2カ所埋め込まれている。ちなみに一番前の穴はドレンコックで既に塞がれている。

最後にフィン。サイドフィンはFCSのM5というフィンが標準装備されており粘りも硬さも丁度良い感じがしたが、センターフィンは非常に小さく5.5~6インチくらいではないだろうか?しかもかなりソフトな感じでチップ部分は非常に楽にツイストする感じがした。確かに小さいほうが切り返しなどは楽だが・・・という感じを受けた。もし、この状態で不安定感を感じるのであれば別売でサイズアップしたフィンを用意して使い分けても良いだろう。


しかし、ここ最近20万越えのSUPも多い中、税込¥152,250という金額も嬉しいところです。

ページの先頭へ