ウインドサーフィン・サーフィン・SUP スクール&ショップのRIPPER<リッパー>は、マリンスポーツにチャレンジする好奇心を応援します。

on’s ハング ウォーター サングラス 入荷!!

ここ最近紫外線に対して非常に注目度が上がってきており日焼けに対して多くのテレビや雑誌などで取りざたされてきております。体に対しての日焼け対策は日焼け止めクリームなどで対処しておりますが、目に関してはほとんど無防備な状態でした。我々マリンスポーツを楽しむ者にとっても例外ではなく、このまま紫外線を浴びせ続けていくと白内障、失明にまで障害が進んで行くとまで言われております。(以下のURLにて今回開発されたレンズ会社のHPがあります。詳しくわかりやすく書かれているので読んでみてください。http://inuilens.com/
そこで今回紹介の”ON’S ハングウォーターサングラス”このサングラスはON’Sチームが3年の月日を掛けて福井県の(株)乾レンズさんhttp://inuilens.com/と共同開発して作られた商品で眼のことが考えられていながらかけたままハードなマリンスポーツも可能なサングラスです。乾レンズさんはRayBanとSMITHのサングラスレンズを制作しているサングラス専門メーカーです。乾レンズさんの紹介はURLを確認していただくとして商品の紹介をしたいと思います。まず商品内容は

フレーム+レンズ2枚+レンズ用リーシュ+フレーム用リーシュの4点が含まれております。
まずは日中や日差しの強い時用の濃い偏光レンズが付いた耐衝撃性に優れたポリカーボネイトレンズとフレーム。紫外線のほとんどはもちろん、日中の眩しさを軽減しながら水面の乱反射を押さえてくれ、眼に対するストレスが軽減できます。

この時点でのフレームとレンズの重量は

27g。
次に朝夕、雲雨天時の時用の偏光レンズ。紫外線はローライトコンディションな時でも常に攻撃してきています。そんなときでもUVれんず


これらのレンズはレンズの爪を

フレームのピンにはめるだけで簡単に付け替えが可能です。

またこのシステムによりレンズ内側の水滴を取りたい時、曇り除去、等細かな時に助かる跳ね上げ式のレンズになっております。

フレームの鼻当て部分はそれぞれ個人の鼻の高さに調整可能で

耳当て部分も縦横方向に自由に曲げることが出来るのでより顔にフィットさせることが出来ます。

さらに万が一波に巻かれてレンズがフレームから外れても紛失しにくいようにフレームとレンズをつなぐリーシュコード。
顔から外れても沈まず浮いていられるフローティングバンド
も標準装備されております。
ケースは本体用とどちらかのレンズを入れておく用の色違いのソフトケースが2個付いており

フレームとレンズにはon’sロゴがチラリと付いています。
掛ける掛けないはそれぞれですが、このまま無防備に紫外線光線を当て続けたら確実に進行していく障害対策にRIPPERおススメ商品としております。これだけの装備が付いて
¥17,640 (税込)

ニューボードの納品まで

Ripperではウィンドサーフィン、SUPをはじめサーフボードなどに関してもショップに納品されたからお客様の手元に届くまでの間に最高の状態でお渡し出来るようにチューニング&メンテナンスをしてからお渡しできるように準備しておきます。今回は本日入荷の
2011 STARBOARD SUP 8’5″ PRO WAVE CARBON
をチューニングしておきます。このクラス最高級クラスのカーボンモデルな為重量もこの大きさで
7.8kg(フィン無しの状態)と最も軽く、金額も決して安くは無いので最高の状態でお渡ししたいですね。

今回はデッキパットを張るのでより強力に張り付けられるように表面のラフデッキ部分のサンディングを始めます。(これはやらなくてもしっかりと張り付けられるとのことですが、Ripperではサービスでやっております。)サンディング後は一度洗剤でガッツリ綺麗に洗いつるつるの状態になりました。
サンディング後のボードです。
つやのある部分がラフデッキを落とした部分です。その後、テール部分からデッキパットの貼り付けですが、丸い棒を使って端から空気を抜くような感じに張っていきます。
同じ要領でパットを張っていき、途中でボードを運ぶ時に手を引っ掛ける穴とドレンコックの位置を確認しておきます。
張り上がった今度はこの部分の穴あけです。カッターと60#のサンドペーパーを使って削っていきます。

角を落としてあげると持ち運びの際に引っ掛かりが無くなりはがれにくいですね。同じくエアバルブのドレンコックを開けて
作業終了。最後にRipperではウィンドやSUPについているドレンコックをはめる際に付属のゴムリングだけでは不安な為、保険でバスコークを塗ってから締めつけます。
これで完全に作業終了です。たいへんよくできました。

  • カテゴリー:SHOPPING
  • 投稿日時:2011/04/16

2011 SOUTHPOINT サーフボード入荷 !!

まず始めに!
今年からSOUTHPOINTの輸入代理店での販売方法が変わり今迄の全国卸しから、通販での販売を中止しショップでの店頭販売が出来る限定ショップのみへの卸しへと変わりました。その為、今後SOUTHPOINTは通販でのお買い求めが出来なくなりました。SOUTHPOINT正規代理店でもあるRipperも通信販売はせずショップ店頭販売のみとなります。ただ、ご希望商品をショップでお買い上げいただき御自宅への配送は可能です。詳しくはショップまでお問い合わせください。 

SOUTHPOINT PRO SHOPは下記よりご確認いただけます。
http://www.windsurfing-japan.com/surf/SouthPoint11/SP_pro_shop.pdf

昨日、下記2011 SOUTHPOINTサーフボード3本が入荷いたしました。
2011 SOUTHPOINT 7’2″

2011 SOUTHPOINT 7’6″

2011 SOUTHPOINT 7’10”

今年のSOUTHPOINTはアウトラインはそれほど変わらず全体的にカラーが入って人気が出そう。
RipperではNSPとSOUTHPOINTの2本立てで在庫しておりますが、NSPに比べてアウトラインは細身でレイルも薄目。また、テイルエリアのVがしっかり入っているためレイルの切り返しが容易な為中上級者の方にはお薦めのボードだと思います。セカンドボードとしてもいかがでしょうか?
フィンシステムは全てFCSタイプで付属のフィンからのグレードアップも容易に出来る。
ショップ在庫でもある7’6″に関してはマルチフィンシステムとなっており(上画像)クアッドとトライに対応されている。その為小波ではクアッド、サイズのある波ではトライにすることでそれぞれの楽しみ方を存分に味わうことが出来る。また、8’0″はセンターフィンがUSボックスになっており(下画像)
クアッドとトライのフィンセッティングが可能でセンターフィンに関しては前後に移動して波のサイズに合わせたセッティング調整も可能になった。また、画像では分かりづらいが、ノーズコンケーブも入っておりノーズライディングでの安定性も考慮されている。
上画像は8’0″に付属のフィンでUS対応のセンターフィンとサイズの違う4枚のフィンがセットになっている。
尚、サウスポイントにはデッキパット、リーシュコードは付属されておりませんので別途お買い求めください。
さらに詳しくは下記URLにてご確認いただけます。
http://www.windsurfing-japan.com/surf/southpoint.html

70 / 79«...1020306869707172...»
ページの先頭へ