ウインドサーフィン・サーフィン・SUP スクール&ショップのRIPPER<リッパー>は、マリンスポーツにチャレンジする好奇心を応援します。

2015 & 2016 NSP DC Surf race 12’6″ x 25″ 比較

昨日、NAISHの試乗と一緒に実は今現在メーカーからお借りしているNSPのレースボードも2015と2016が同じサイズで揃ったので比較してみた。
以下は画像を入れての比較です。
正直、NAISHは見た目は変わったがのりあじはそれほどの違いを感じられなかった。良い意味でさすがのNAISH JAVELIN早いレースボードです。
それに反して見た目はあまり変わらないが、乗り味は全然変わったのがNSPでした。
元々カヌー選手であったトラビスが開発に加わりボードのローリングが非常に気になる。しかし、そのローリングを利用してスピードに繋げる乗り方をマスターできればもっとよいのだが・・・。
以下は画像を入れての比較です。ご確認ください。

2015 & 2016 NAISH JAVELIN LE 12’6″ x 26″ 比較

2015年8月22日の夕方、新しくリリースされたNAISHのレースボードJAVEINを手にした永松選手が菊川で乗り比べをするということでお邪魔させてもらった。
簡単に気付いた変更点は以下の通り。
*センターからテイルにかけての厚みが増した。
*数値的には2015モデルは225L、2016モデルは236Lと11Lボリュームアップ。
*厚みが増えた分デッキコンケーブにより立ち位置を下げている。
*テイルまで厚みが増している。
くらいかな。しかし、漕いだ感じは正直分からない。う~ん、今思い出しても本当に微妙~なマイナーチェンジなため本当にわからない。ただ、デッキに紺ケーブが入り小指を引っかけられることにより安定感と踏ん張りが効いたという感じくらいしかわからなかったのが正直な感想です。
もちろん、速さはぴか一!です。以下は画像による変更点です。見てみてください。

SUP用 レイルを守る専用テープ

ますます人気の高まっている、スタンドアップパドル。

ボードやパドルを購入したのはいいけれど、すぐに壊れてしまったり使い物にならないようですと、困ります。日頃のお手入れは、海の上で何かあったときの為にも必要ですが、「長く、大事に使う」という点でも重要です。

ボードを購入したら、是非ともおススメしたいのが「レイルテープ」。
ボードの外側(レイル)部分に貼る、細長いテープです。

パドルとボードが当たる部分は、どうしてもキズやヘコミを避けられないものです。レイルテープを貼らずに使用すると、写真のようにパドルが当たった部分は強度的にも弱くなります。

ボード購入時には是非ともレイルテープを貼ることをお勧めします!!
中古ボードであっても、貼らずに劣化が早まるよりも少しでも長く使っていただきたいですから。

リッパーでは、ボードの長さや種類によって、各種のレイルテープを取り揃えております。

RAILSAVER PRO

左から
カラーが付いているタイプ(長さ約190cm、最大幅6.5cm)
カラーなしタイプ(長さ約190cm、最大幅6.5cm)
エクストリームタイプ (8’2″くらいまでの短めのボード向き、最大幅5cm)

テープの幅も違いますので、ボードに合ったものをチョイスするのがベストです。RAILSAVER PROのテープは、表面に小さな凹凸があるのが特長です。

CLEAR DECK  SUP×SUP

左から
FOR RACE  (レースボード専用テープ、長さ190cm、最大幅7.3cm)
FOR SURF&ALL ROUND  (長さ190cm、最大幅6cm)

FOR RACEはレースボード用にテープ幅がかなり広くなっています。
全くの透明なので、ボードカラーやデザインを損ないません。

レイルテープの貼り方 HOW TOも過去記事にまとめてあります!
コチラ↓↓↓
http://www.ripper.jp/ctg/sup-acce/page/3

ビギナーの方でも道具購入の際は、レイルテープのことは基礎知識としてぜひとも覚えておいてくださいね!

ページの先頭へ