ウインドサーフィン・サーフィン・SUP スクール&ショップのRIPPER<リッパー>は、マリンスポーツにチャレンジする好奇心を応援します。

宮崎 WaiWai Tour 2010

宮崎WaiWai Surf Tour 2010
期間:2010年11月19日 ~23日

ショップがオープンして11月18日で1年を迎えようというこの時期にお客様からも「サーフトリップに行きたいです~」「どこかいいとこありませんか~」みたいなことを聞かれたこともあり「これは行くしかないでしょう~」ということで、色々検討した結果、波の宝庫でもあり、ご飯もおいしく、温暖で、知り合いもいるということで

MIYAZAKI  “Ocean Hill HADASHI“

トップページ

をベースにサーフトリップを決行することになるまでに時間はそれほど要することはなかった。しかし、いざ当日が近づくと波はあるのか?食いもんは旨いのか?メンバー同士うまくいくのか?などなどトリップとしての引率が無い自分にとっては不安材料がてんこ盛りではあったが、結果からみるとそんな不安はみじんも感じられないほどの最高のトリップとなった。当日は大阪南港を19:00に出発するフェリーに乗るべくショップを何時に出発すればよいのかもわからず色々情報を集めてお昼ことろに出れば大丈夫ということで、予定通り12:00にショップを出発し一路西方面を目指す。しかし、この時点ではまだ、これから襲ってくる時間ぎりぎりで19:00メイクが危ぶまれる恐怖を感じるとはだれも予想出来てはいなかった。まずは袋井在住のHちゃんをピックアップ。ここで既に路地を1本間違え微妙にタイムロス。その後、Hちゃんのナビにより浜松の渋滞を軽くスルーしつつ、湖西市の会社に袋井からマイカーで通っているMちゃんをピックアップ。ここで、自分的には13:30頃に出発できれば余裕でしょ~位に思っていたが、数日前に海外主張から戻り忙しい中、午後半休をとって今回のトリップに参加のMちゃんは引き継ぎに思いのほか時間がかかり結局14:30頃に湖西を出発して浜名湖バイパスの新居弁天ICからチョロ戻り後浜松西ICよりのって一路大阪南港カモメ埠頭を目指してぶっ飛ばして行きつつ、乗ってすぐの浜名湖Pにて小腹が減ったのでパンやコーヒーをゲットし今度こそカモメ埠頭を目指してやっと本格的に出発出来た。順調にみかん畑を過ぎ、長島スパーランドを過ぎ東名阪自動車道をメイクし、順調に進んでその後名阪国道に入るはずが、どこでどう間違えたのか新名神自動車道に入っており一つ目のPでトイレ休憩で現在位置の掲示板を見ると本来通るはずの名阪国道→西名阪と言うルートとは違うルートに現在位置が点滅している。

「・・・。」「あれ???」「え~~えっ????」これってもしかして間違ってる?

その後、レディース2人のトイレを待ちミーティング後、「これ間違ってるでしょう~」ってことで次のインターでUターンをブチかまし東名阪道まで戻り本来通るはずの名阪国道をメイクし天理ICより西名阪に乗りそのあたりで既に暗くなりつつ、MラインのN釜さんにナイスナビをしてもらいながら「ちょっと寄ってけ」ということで、時間が無いにもかかわらずMラインをチョロっとメイクし、ハイタッチをブチかまし一路、南港のカモメに到着し19時発のフェリーの出艇申告をクリアーして無事なんとか宮崎に向けて出港することが出来ました。
いやぁ~マジでブルった。あの電光掲示板を見たときはN釜さんに電話しようかと思ったが、「もう間にあわね~よ」という言葉が返ってくることを恐れ電話できなかった。後から聞くと湖西のMちゃんは「それほどの心配してませんでした~エヘッ!」「お、俺がどんな思いで運転していたことか…最悪、陸路での宮崎が一瞬目に浮かんだっつ~のに…」フェリーの中では思っていた以上に快適で風呂、2等寝台、揺れなど全てにおいて何の問題もなく絶好調に寝れる予定でしたが、なにかが気になって寝れない。寝れないと寝れないことが気になって更に寝れない。う~ん、何だろう。どうした俺!後から気付いたがその何かとは腹が減っていたことに後で気づいてそんなんだったら船内バイキングで食っとけばよかったと後で後悔しているうちに爆睡し、船上からの日の出を写真に収めようとしていたが、次に目を覚ました時にはクモリながらもガッツリ陽が昇っておりやっちまった感を感じつつ、船上の風呂を朝からメイクし気合を入れなおしているうちにシーガイヤが見え人生初の宮崎に到着し気分は何故か海外トリップに来たような感覚にまでなりワクワク感を抑えつつ2等寝台の部屋に戻ると2人はまだ爆睡ガッツリメイクし起きる気配全くなし。どうなることやら・・・

宮崎港に到着するなり以前はハワイ マウイ島でガッツリウィンドサーフィン修行をして世界的にもライディングを認められておりその後マウイから御前崎で修業の成果を発揮しつつチームON’Sの一員としてウェット開発にも携わりワイルドでスッゲ~カッチョイイライフスタイルを続けながらも今度は御前崎から地元宮崎に拠点を移しNature Tour Guide ”HADASHI”をSTARTさせて現在に至る。そのHADASHIでスタッフとして働いているのがこれまた新潟でウィンドサーフィンを始めてプロを目指して御前崎に引っ越しその後HADASHIスタッフとしてやっている肥田っち。(右)& 地元宮崎のバリバリローカルのセンサク君ことセンちゃん。(左)
今回はHADASHIのボス祥二さんはマウイにトリップ中で不在でしたが、肥田っちがフェリー乗り場まで迎えに来てくれて

久々の再開と顔合わせにハイタッチをかましまずはとりあえず途中のスーパーでパンでもゲッツし、HADASHIにてヒーコーをいただこうということでヤシの木道路を


移動を始めた。そのスーパーというのがこれまたナイスなスーパーでパンは自家製、店内は田舎の割には海外製品が多くパスタやカレーなどの時に使いたいスパイスや調味料をはじめ宮崎特産の日向夏のタバスコなど変わった商材が多数あり見るだけでも楽しめる品揃えでした。その後リアス式海岸や上陸したら絶対に無傷じゃすまされなさそうな洗濯岩、海の綺麗さ、断崖絶壁等の景色に見とれ車内はちょっとした女子高の修学旅行のバスの中状態で、写真撮りまくり。この時点で既に楽しさMAX。その後HADASHIに到着して楽しさ嬉しさが更にスーパーMAXとなりました。

HADASHIはちょっとした植物園のようなところで


その広い敷地内に四畳半位のコテージが20棟ありどの部屋も冷暖房完備。

部屋内は窓だけの殺風景な部屋だが綺麗で全然問題なし。むしろここで良かったのかも・。・・と思ってしまうくらいのリゾートエリアだった。しかも園内は車で移動可能で部屋の目の前まで車移動が出来るのでずるずる重たい荷物を持ち運ぶ手間もなく正にご機嫌な場所でした。


その後簡単に荷物を下ろしキャフェも飲み終えこのままここにいたら居心地が良すぎて絶対に一日が終わってしまうということでやっと重たい腰を持ち上げやっとの思いで宮崎初サーフィンに向かう一行でした。勿論。その後も絶好調な景色に車内はギャ~ギャ~はしゃぎまくりのなか10分ほどでローカルセンちゃんのナイスナビガイドによりトロ目のムネサイズでノーバデーポイントにて一ラウンド。

二人はまだまだ初心者ということでビデオ撮影をしながら見ているも、日本とは思えない綺麗な砂浜、綺麗な海、最高のロケーションに自分もいてもたってもいられず軽く一ラウンド。今回はショートとファンの2本を持ってきたが、ワタメンの7’2″がここではドンピシャにフィットして正にレギュラーのマシーンブレイクにとろけつつ、がっつり1時間半楽しんじゃいました。あ~思い出しただけでもよだれが・・・まじで最高の波でした。“ナイスポイントをありがとう~センちゃん!!!”スーパービッグサンクスです。その後、飛行機で到着組が14:30にセントレアから宮崎空港に到着するので迎えに行くため13:30頃に上がりみんなで「いやぁ~最高じゃん」「たまらんね~」「来て良かった~」・・・ と限りなく今味わった波の余韻に浸りながら宮崎空港へ向けてアクセルを踏む一行でした。

空港到着後間もなくすると予定時刻に到着後数分ほどでゲートからMCとM姉が出てきて国内線のアクセスの良さにびっくりしながらもみんなで再び紹介&顔合わせをしつつハイタッチをかまし早速空港近くのポイントあおしまエリアに向けてアクセル全開でぶっ飛ばしつつも途中のポイントをチェックするとこちらは頭サイズの良い波が色々なところで割れている。並みじゃね~ぜ~MIYAZAKI~。そんなサイズの波が割れている所もあればすぐ離れたところでは腰くらいの初心者ポイントもあり正に誰もが楽しめるポイントがそこかしこにある青島エリア。そんなポイントだけに駐車場はどこも混雑しており勿論のように駐車スペースはZERO!そこで発揮したのがまたまたローカルガイドのセンちゃん。仲間のやっているサーフショップNagisa Store

に「少しの間車止めさせてもらっていいかなぁ~」と交渉してくれ500円で駐車&水の使用を快く受け入れてくれラ~ウンド トゥ~がスタートした。この時点で既に夕方近くになっていたが、暗くなるまでサーフィンを楽しみ再びショップでプチ買い物を済ませ午前中に寄ったナイスーパーで夜のドリンク、お菓子、翌日の朝の朝食の予備(?)、お土産(?)などなどゲッツして近くの温泉を紹介してもらい

風呂をメイクして再びHADASHIに到着して本日の最終お楽しみである食事にありつくのでありました。内容はBBQセットでガンガンにおこした火で宮崎地鶏をガッツリ&サックリと焼き、
塩コショウで食べる。これがまた最高に旨い。あんなに火を上げたら臭くなっちゃうのに~とついついコック目線で見てしまっていたが、その焼けた臭さがたまらなくうまかった。&ここは博多かと思わせるほどにうまかったモツ鍋。
柔らかくて甘いキャベツと油が程良く付いたモツとニラ、もやし。最高の組み合わせで満足度スーパーMAX。今日だけで何度スーパーMAXが登場したのだろう…昨日、道を間違えて船に間に合わなかったらどうしよう。。。なんて思っていたことをこの時すでにオレの記憶の中からデリートされていた。

地鶏グリル、モツ鍋と今回自分を含めた5人と、スタッフの肥田っち、センちゃんの7人で食べながら酒も回り始めたレディースは更にテンションアゲアゲモードとなりMちゃんの前には焼酎のパックがずらりと並び、Hちゃんは一人良く言えばニコニコ。悪く言えばヘラヘラし始め、M姉は更に毒舌が冴えわたりそれに負けじとチームHADASHIのスタッフも対抗するかのようにセンちゃんは場の盛り上げ役に色々な宮崎ネタで攻防し肥田ッチはこれまたHちゃんと同じく肥田ッチワールド全開でニヤニヤケラケラとうすら笑いを浮かべその場にいた誰もが「この時間スッゲ~気持ちいい」と思っていたのではないかと思えるくらい楽しい時間だった。あっ!おれ?おれはこの楽しさを少しでもタイムリーに分かってもらいたくブログアップに必死だった。いやぁ~最高だ~なんて思っていると昨夜のフェリーすきっ腹睡眠不足事件により睡魔が襲いMCと一緒に男性陣はここで撤収モード。「じゃ~明日の朝飯は何時にしようか~」とその場まかせの今回のトリップは8時ころ?いやいや9時ころ?と意見が出たが結局中間の8:30と言うアバウトな時間になりレディース&チームHadashiとはアディオスして部屋まで植物園の中をあるいてかえり満月の明かりに一人たそがれ“ここは本当に日本か???もしやバリかスリランカのリゾートか・・・と思いながら・・・

その後、レディースチームは腹いっぱいだって言っていった割には肥田ッチが出してくれた雑炊、沖縄そば、更なる焼酎、最後の締めでアイスクリームと「どこが腹いっぱいなんだ」と言いたくなるような量の食事をたいらげ3時、4時までブッ飛んでいたようです。勿論、朝食の8:30メイクなんて夢のまた夢で、結局9時ころからあさりの味噌汁、炊き立てご飯、ソーセージ、目玉焼き-良くある朝食メニューでしたが、なぜかすっげ~旨く感じて再び腹いっぱい食って、結局、今日もスロースタートとなったWAIWAIツアーDAYⅡでした。

2日目は朝食後、かつてトムカレンが大会で来日した際に宮崎の台風スウェルをメイクしたカレンズポイントをはじめ、かれこれ10か所くらいのポイントをチェックしただろうか・・・。

行けるところまで南下して行きシュノーケルポイントなどもありサーフィンやウィンドサーフィンが出来なくても楽しめるスポットは多数あった。その後ビーチブレイクの綺麗なビーチで一ラウンドこなし、ここはちょっとハードだったのか、昨夜の酒が残っていたのかは本人しかわからぬことだがMちゃんは軽くパーリングを数本メイクしてからはビーチで全開爆睡をフルメイク。その後Hちゃんも数本メイクしリラ~ックスモードに突入~。そんな中MCとM姉は難しい波にも関わらず一生懸命難しい波にもかかわらずチャージしていました。こういう積み重ねが上達への道でありパドルする体力も付いてくるので諦めずに&めげずにコンディション選ばずやっていこうね~!まぁ~二日酔いじゃ休んだほうが良いけれど・・・

その後ポイントを昨日のポイントを目指して向かったが、人数も入っていたためポイントを隣のセンちゃん地元ポイントへと移動しまたもやノーバデーサーフを楽しむ。ちょっとダラダラの今一コンディションではあったがいざ入ってみると何故か楽しめちゃう波でこれはこれで十分楽しめました。本日の宿は当初、2日連ちゃんのキャンプはどうかと思い宿をとっていたので帰り際HADASHIによってウェットやボードを水洗いさせてもらいセンちゃんが明日の朝もって来てくれるという事でウェットも干させてもらいTeamHADASHIの二人とアディオスして宿に向かった。ここは天然温泉が風呂場に入っており糊の効いたシーツの布団ですごく快適そうなやどでした。夜飯は近くの串焼き屋さんに向かいちょっと俺らにはお洒落な感じもしたがそんなの関係~ね~ばりにワイワイガヤガヤ楽しく食って宿についてそのまま撃沈した。次の日は最終日と言うことで朝から乾いたウェットを着てサーフィンだと思っていたにもかかわらず朝から雨でガッツリびしょぬれのウェットを覚悟しながら7時に迎えに来るセンちゃんを待たせてはいけないと思い6:45~の朝食を時間前から並びー分と同時に食堂に流れ込みバイキング形式の朝食をガッツリてんこ盛りでゲットし15分で完璧メイク。と同時にセンちゃんと合流し色々チェックするがサイズアップし過ぎで初心者のみんなにはチョときつそうと言うことで色々チェックするものの初日のあの波が忘れられずみんなにとって人生初の漁港からのダイブエントリーをメイクし本来なら非常にカッコよく飛びこむところが何故か足おっぴろげていたり、もろに腹からダイブしていたりと撮影しているおれは思わず大爆笑・・・その後「上から見ている以上にサイズありやした~」と45分ほどで退散してきたメンバー。その後、隣のビーチにウェットのまま移動し相変わらずの雨の中、ラウンド2。ここは昨日の最後に入ったセンちゃんローカルポイント。この時点でちょっと寒くなってきたにもかかわらず1時間半くらいガッツリとラウンドをこなしその後、センちゃんお薦めのMIYAZAKI来たら「チキン南蛮でしょ~」ということで幼馴染がやっているという民宿食事処でチキン南蛮をメイクした。チキンから揚げにタルタルソースの鉄板組み合わせならマズイわけがない。そりゃ~ウマすぎるでしょ~センちゃ~ん!

その後雨で冷えた体がご飯と部屋の暖かさでほてり始め睡魔が襲ってきたところ、センちゃんのナイス一言「なんなら昼寝っちゃいます?」お~ぅ!ナイスな事言ってくれるね~センちゅわ~ん」ということで、その後次々と睡魔に負け昼寝1時間モード突入した一行でした。その後は天気も晴れ始め。本日最終日と言うことで、お土産も買いたい、でも、もう一ラウンドやりたいみたいなわがままをこれまた肥田ッチ&センちゃんペアが良いところ紹介してくれました。青島ポイントの駐車場が満車と言うことと、お土産を買うということで、ポイントの目の前に立つアオシマなんとかホテルの駐車場に車を止め買い物中に肥田ッチがホテルマンに一言「お土産買うんでここに車止めて海入ってきていいですか?」「おいおい、肥田ッチいくらなんでもお土産くらいで駐車場に車止めて海入いられちゃ~商売あがったりだよ・・・むりにきまってんじゃね~かよ~」って思って引きさがろうとした瞬間、「良いですって~」「!!!!!!!」「え~~~まじ~~~嘘でしょう~!!!!」最後の最後まで最高だぜ~ザッキ~!ということでホテルの駐車場に車を止めてこれまた19:00発のフェリーに乗るのになぜかみんな宮崎トリップを惜しむかのよう」に肥田ッチ、センちゃんと一緒に暗くなる17:30まで青島ポイントにてサーフィンし、

急いでパッキンして18:00にポイント出発し有料バイパスを使って18:30頃にフェリー乗り場に到着し出艇申告してなんとか一段落。その後集合写真を東国原知事と一緒にみんなで写真を撮り
肥田ッチ、センちゃんとハグをブチかまし惜しまれつつ二人と別れフェリーに乗り込み帰りは2段ベット×6個の12人部屋にうちらだけでのナイス部屋割りに感謝しつつ出港と同時に風呂に入りスッパのまま窓枠に座りながら外を見降ろすと港の作業員が赤いライトの棒を持ったまま最後の最後まで降り続け俺の心の中で「また来るぜ!MIYAZAKI!!」「ありがとう、ZAKIMIYA!!」などとわけわからんことを思いながらちょっとおセンチになりながら風呂につかる店長でした。その後船内のレストランにてバイキングを食べたがこれまた1300円と言う金額で船内のレストランということで大した期待もせず食したが、あまりのメニューと旨さにこれ
またビックリ。
大満足して部屋に戻るといつものようにレディースはうちらだけの貸し切りと言うことで通路にリュックをテーブル代わりに酒が入り始め。

M姉は相変わらずの義姉後はだ丸出し。Hちゃんは酔いが回ったのかいつものように一人でヘアヘラペラペラ「この子は誰としゃべってんだろう・・・」と思いながらMちゃんはそんな話聞いているのか聞いていないのか分からぬ空返事に「ぜって~聞いてないな」とおもわず笑っちゃいながら知らぬ間に眠りについていました。真夜中も爆睡ブチかまし到着ちょっと前に目を覚まし朝から風呂をメイクしお決まりの朝食バイキングで腹を満たし到着後は一路静岡に向けてアクセルを踏み続ける一行であった。

結局は3泊4日の宮崎WaiWai Tourも肥田ッチとセンちゃんのナイスナビにより150%スーパーMAXに楽しい旅になりました。改めて肥田ッチ、センちゃん「ありがとう~!」また参加してくれたみんな~!!今回のコンディションはちょっと厳しかったという声もあったけれど、あのコンディションで入れていれば次に入る時は楽に感じるはずだよ。ただ、夜の酒の飲み過ぎには注意しないとせっかくのコンディションも台無しになっちゃうので気をつけようね。

さてさて、今回のトリップレポートも終盤になり御静読誠にありがとうございました。後半のレポート日誌は非常に短くなってしまっておりますが、ブッチャケ。ネタ切れです。また、今になってあの時の写真が無い・・・と肝心なところの写真が無いのは自分に課せられたミッションをすっかり忘れ海に入っちゃっていたからです。スミマセンです。

しかし、本当に楽しい楽しいトリップでしたし、みんなのトリップ中の様子を見ていればきっと参加者のみんなも楽しんでくれたのではないかと思います。。もしもこのレポートを読んで次回のトリップにご興味がわいた方がおりましたら是非参加してみてください。本当に楽しトリップですのでサーフィン以外でも非常に楽しいです。それではまたの告知をご期待ください。

ザッキ~最高~~~
肥田ッチ、センちゃん。年明けのキャンプの時は是非寄ってくださいね。みんなでお待ちしておりますよ。

御静読感謝!

2010 内輪忘年会しちゃいました・・・

というのも、この時期人数を集めるのも大変なもんで、皆さん会社の忘年会、お仕事、等で忙しくとりあえずいつも来るメンバーでやっちゃいますか・・・ということで12月11日忘年会と言う名の飲み食い会を行いました。場所はショップから近くの浜岡にあるBercyさんで。
http://r.tabelog.com/shizuoka/A2203/A220303/22016080/
ここがまた隠れ家的な感じでしたが、非常においしい料理で、茹でたてパスタから薄い生地のPIZZAは勿論、デザートから一品料理までどれもおいしい料理を取りそろえておりました。
PIZZAプロシュートまた食いて~。これ、ガーリックが効いていてマジうまです。
パーティーもオーナーの山下さんが非常に良くして下さりこちらの希望を色々聞いてそれに合った料理を用意してくれます。ちなみに今回は質より量というニーズにガッツリと答えてくれて最後は食べきれませんでした。
ということで、19:30~スタートしたパーティー
もオーナー石原と、一番腹が減っていた安田の短いあいさつでスタートしまずは腹ごしらえ・・・その間はこの1年を振り返っての笑い話に花が咲き、途中PIZZAとPASTAを追加オーダーし(追加オーダーしても追加料金は発生しません)なぜか、石原さんのこれまでの伝説的な珍行動でさらに盛り上がりSuperMAXになりふと気付くと22:00を過ぎておりこりゃ~いかんと言うことでここで恒例のプレゼント抽~選~!ということで昼間になにで決めようかということで考えたのがまずは良くあるダーツ。これで順番決めをして中の見えない気になる袋をゲットしテンションMAXにさせ、その後目玉商品であるG-SHOCKとトレーニングチューブを掛けてラウンドⅡは四字熟語かるたで決めることになった。
しかし、ここで「かるた」がここまで熱くなる遊びだったか初めて気付かされた位に盛りあがり


無事商品をゲットして1次会をお開きにしその後夜の(真っ暗な)浜岡の街を徘徊しな
がらかなり前から御前崎に移住し人気店kulukuluというアジアンバーをオープンさせて繁盛店にし2店舗目にオープンさせた元ウィンドサーファーの方がオーナーの「ありがとう」という居酒屋に行きラウンド2がスタート。ここでは以前宮崎トリップにも参加したM姉の毒舌ぶりに少し引きつつも餌食となった最近ウィンドサーフィンにも開眼してしまったYagiちゃんは更に酒のスピードが速まり焼酎をガンガン飲み続け宿に帰ってからは記憶があまりなかったらしく本人はたばこを吸いに居なくなったというが、異常なまでの胃液臭さに「これは・・・」と思うメンバーでした。
そんなかんじで1:00過ぎころにお開きとなりそれぞれを宿まで送りやっと家路につく事が出来た。

Bercy:ポテトフライ、チキンフライ、チキングリル、オリジナルハンバーガー、サラダピザ、生ハムピザ、ピザジャポン、パスタジェノベーゼ(バジル)、パスタアマトリチャーナ(玉ねぎ、ベーコン)、デザート盛り(イチゴケーキ、バナナとコーヒーのケーキ、アイスのキャラメルソース、フルーツ)、コーヒー


この1年、試行錯誤で始まったショップではありますが、なんとか少ないながらもお客様が付いてきて週末になるとショップに皆さん足を運んで下さり、スタッフ一同心より感謝いたしております。
今後も、ただ売るだけのつまらんショップではなく、このショップで人と人とが出会い、日常のストレスをここにいるときだけでも忘れられ、仕事にも情熱を注げられるようなショップであり続けると同時に、誰もがRIPPERに来て良かったと思えるようなショップにしていきたく思っております。今年一年ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

PS:最初は冗談で言ったにもかかわらず協賛品をくださいましたTHE BLUE様、ウィンドサーフィンジャパン様、シュリロトレーディング様、ありがとうございました。商はお客様に抽選商品として使わせていただきとても喜んでいただけました。今後もプッシュして販売協力させていただきます。

年末年始営業のお知らせ

12月22日・・・定休日
23日・・・9:00~19:00
24日・・・10:00~18:30
25日26・・・9:00~19:00
27日、28日・・・10:00~18:30
29日、30日、31日、1月1日2日3日・・・9:00~19:00
4日~7日・・・10:00~18:30
8日、9日10・・・9:00~19:00
*12月29日、1月5日の両水曜日は営業させていただきます。

2 / 3123
ページの先頭へ